読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジーニーのナンパ日記

~ドラマチックな毎日を~

プロローグ〜別れと出会い〜

------------------------------------ 

「今地球上には73億人の人がいる。全員に会おうとしたら1人1秒で会うとしても230年かかるんです。それがどうですか、俺たち出会って5分くらい経ってます。奇跡乾杯!!」

-セカイノオザワ-

------------------------------------

 

 

 

「他に好きな人ができた。」

 

『そっか、、』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年2月

 

 

 

ジーニーには約1年半付き合った彼女がいた。

 

 

 

 

 

いろんな事情も重なり一緒に住むようになっていた。

 

 

 

 

 

お互い好きだったが同棲ということによる衝突もちらほらあった。

 

 

 

 

 

 

そんなある日

 

 

 

 

 

 

ピロン♪

 

 

 

 



仕事中、LINEが鳴る。

 

 

 

 

彼女からLINE、真昼間に連絡が来るのはめずらしな

 

 

 

 

と思いつつLINEを開く。






「今日夜ちょっと時間ある?」

 

『あるけどどうした?』

 

「話したいことがある」

 

『なに?LINEじゃあかんの?』

 

「うん...」

 

「そっか、わかった」

 

 

 

 

 

 

 

一緒に住んでるから家に帰れば話せるし

LINEで言えばいいのにとも思ったが

 

 

 

普段彼女は思ったことを口に出せない時がままあった。

 

 

人にはニコニコして明るく振舞っていて

 

 

 

 

周りからはいつも明るい子、という印象だった。

 

 

 

 

だが我慢しているわけではないが、気を使って思ったことを言えなかったり

 

 

 

 

 

 

 

自分でため込んでしまって、体調を崩したりすることがよくあった。

 

 

 

 

そんな彼女が改まって話があると言うなんてすごく珍しいことだった。

 

 

 

 

たぶん大事な話なんだろうとLINEでは深くは聞かず、直接会って話をすることにした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「他に好きな人ができた。」

 

 

 

 

 

『そっか、、』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚式は海外で挙げようね!

 

 

 

ついこないだまではそんな話もしてたのに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話を聞くと、初めは何もしてないと言っていたが

 

 

キスまではしたと訂正した。

 

 

 

 

 

 

その人にアプローチをされてもいる。

 

 

 

 

だが、その人と出会ったときに彼氏がいることも、同棲していることも隠していた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気の境界線は人それぞれだと思うが

 

 

ジーニー的にはここが結構でかかった。

 

 

 

そういうもんなのか、すこしショックを受けた。

 

 

 

 

 

キスまでじゃなく最後までしてるんだろうと思った。

 

 

 

 

むかついた。

 

 

 

 

 

「私が全部悪い...」

 

 

 

そう言った彼女は泣いていた。

 

 

 

 

 

『悪いと思うならするなよ。』

 

と言いそうになったが

 

 

 

 

いや、ちがう、そうさせたのはおれが満足させられていなかったんだし

 

 

反省しているから誠意をもって話があると言ってきたんだ。

 

 

 

 

まだおれのことも好きで揺れ動いてるから

自分でもどうしていいのかわからない感じだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

おれの魅力が足りないからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素直にそう思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1カ月後・・・

 

 

 

 

 

ジーニーは新しい家を借りた。

 

 

 

 

1年ぶりの一人暮らし

 

 

 

 

 

 

 

女の子は女優で、気まぐれな生き物だと改めて思った。

 

 

 

 

 

 

 

 

尊敬する先輩がある言葉をくれた。

 

 

 

 

「今の自分に似合う人しか出会わない」

 

 

 

 

 

自分のレベルをあげようと思った。

 

 

 

 

もっといい人に出会うために。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして仕事中ネットを開いていたら

ナンパブログというのに出会う。

 

 

 

チバさんのBLOGだった。

http://nanpawars-blog.net/

 

 

 

興奮した。

 

 

街で声を掛けて、そのまま連れ出して、会ったその日に交わる。

そんなことがありえるのか。

 

 

 

 

 

 

即、という概念なんてものは今まで生きてきた中でなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

ジーニーは田舎育ちで、学校もすごく遠いから

小学校の時もバスで通学していた。

 

 

 

そのバス停に捨てられていたエロ本を周りの人にばれないように

 

 

 

 

1ページずつつまんで、興奮しながら見ていた時と同じように夢中になって記事を読んだ。

 

 

 

 

 

 

 

そこからasapenさんや、ikasuiさん、きゃりーさんのブログを読み漁った。

 

 

 

 

関西でもこんな凄腕の人がいるのか!!

 

 

 

 

 

ikasuiさんやきゃりーさんのブログにたどり着いた時には2人は引退されたばかりのようだった。

 

 

 

 

 

すこし残念だったが、ブログがおもしろくて、感動的で、涙を流すくらい切ない記事もあった。

 

 

 

 

 

 

 

下手な小説よりよっぽどおもしろいし、ドラマチック。

 

 

 

 

 

気づけばナンパ用語からルーティン、オープナーを携帯のメモ帳にメモしていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

次の日から、ジーニーは街に出た。

 

 

 

 

ソロでするのはしんどかった。

地蔵した。ガンシカされた。

ちょっとはうまくなった。

それでも基本ガンシカされた。

 

 

 

 

 

 

 

そしてとある凄腕に出会うことになる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてまたその凄腕とコンビを組んで街に出る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてもうすぐ今の家に住んで1年になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いろんなドラマがあった。

悔しい事の方が多かったが、楽しいこともいろいろあった。

 

それはまたブログに書くことにしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

そんなあなたにも訪れますように。

 

 

 

 

ドラマチックな毎日を。